各部門の紹介

看護部

各看護単位の紹介

目次:各病棟をクリックすると、詳細へリンクします。
7病棟
  • 運動機能センター
  • パーキンソン病センター
6病棟
  • てんかんセンター
  • 小児神経センター
  • 機能脳神経外科センター
  • 視床下部過誤腫センター
  • 睡眠医療センター
5病棟
  • 神経難病センター
  • 療養介護事業所「さくら」
4病棟
  • 呼吸器センター
3病棟
  • 肺がん治療センター
  • 呼吸器センター
2病棟
  • 重症心身障害センター
1病棟
  • 重症心身障害センター

 

 

7病棟紹介

7病棟は運動機能センター・パーキンソン病センターの障害病棟として、主に神経内科、整形外科、脳神経外科の患者さんが入院しています。整形外科、脳神経外科では手術の他、特殊な検査や処置も多く、常に緊張感を持って看護にあたっています。神経難病では気持ちを言葉で表現できない患者さんが多いため、一人一人の状態に合わせた方法を工夫し、意思疎通を図りながら機能維持・ADL向上に努めています。病気の進行に対する不安や問題に対してはその症状だけでなく心理面にも配慮した看護を心掛けています。また、退院後は住みなれた地域でその人らしい生活が送れるよう、患者さんやご家族の思いに寄り添いながら医師や退院支援看護師、ソーシャルワーカー、理学療法士など様々な職種が連携しながら支援を行っています。
最上階からの眺めは絶景で、西側では佐渡を眺望できるオーシャンビュー、東側では新潟市街が一望できると患者さんから好評を頂いています

カンファレンス中  
最上階から眺める夕日は絶景!!
     

 

ページの先頭へ

6病棟紹介

6病棟はてんかんセンター・視床下部過誤腫センター・機能脳神経外科センター・神経小児センター・睡眠医療センターを担っています。  6病棟の患者さんは主にてんかんの方が多く、てんかんの診断、治療のために全国各地から訪れています。とくに笑い発作を症状とする視床下部過誤腫の外科的治療である『定位温熱凝固術』は亀山名誉院長が開発した術式で患者さんの身体への負担が少なく、永久的な合併症はほとんどありません。手術を受けるために日本全国はもとより韓国・ロシアなど世界各国から患者さんを受け入れています。  小児の患者さんも入院されるのでプレイルームがあり、病棟専属の保育士がいるのも特徴です。また、中学生以下の患者さんはご希望があれば病院内の特別支援学級で必要に応じた学習が受けられます。  日本有数のてんかんセンターを内科医師・外科医師はじめ、「院内認定てんかん専門看護師」・「院内認定てんかん専門医療者」を中心とした看護師・リハビリ・検査技師・薬剤師・保育士・メディカルソーシャルワーカーなど病院すべての職種で支えています。  6階の病床からの眺めはとても良く、特に海側の窓からは天気のいい日は青々とした海と空が広がり佐渡へ沈む夕日が望め、患者さんにとって入院生活の癒しとなっています。

ページの先頭へ

5病棟紹介

5病棟は「神経難病センター」と療養介護事業(以下さくら)を担っています。
主な疾患は筋委縮側索硬化症・パーキンソン病・多系統委縮症です。
長期療養の患者さんにも季節を感じたり、自分らしく過ごせるよう、丁寧に関わり、援助を行っています。
患者さんや家族の思いを受け止め、支えられるような関係を築いていきたいと思っています。

ページの先頭へ

4病棟紹介

第四病棟1

第四病棟2

4病棟は、主に慢性呼吸不全の急性増悪による緊急入院や、在宅酸素療法導入目的の患者さんが多く入院されています。主な治療は、肺理学療法・包括的呼吸リハビリテーション・酸素療法・ステロイド療法・吸入療法・胸腔ドレナージ等を行っています。また、肺結核患者さんの受け入れも行っており、DOTS(直接服薬観察法)を取り入れ、確実に治療が継続されるよう地域の保健師とも連携を取り、新潟県における結核拠点病院の機能を担っています。
 看護方式は、固定チームナーシングを採用し、プライマリーナースを中心に多職種を含めたチームカンファレンスを行い、患者さんや家族の意見・希望などを取り入れた看護を提供できるよう努めています。慢性呼吸不全急性憎悪の急性期には異常の早期発見に努め適切な援助を行っています。慢性期には呼吸機能が低下した状況の中での生活を維持し、残存呼吸機能を悪化させないような日常の自己管理を行えるよう指導や援助を行っています。また、結核患者さんは隔離が必要なため患者さんには精神面を配慮した環境や援助を行い、入院中から常に退院後の生活を意識した生活指導、栄養指導などを行っています。

 

ページの先頭へ

3病棟紹介

3病棟は呼吸器センター・肺癌治療センターの病棟で、主に肺がん、膿胸、気胸を中心に呼吸器疾患の患者さんが入院しています。 内科では主に抗がん剤、放射線治療を中心に医療を展開しています。私たちは患者さん一人一人が安全・安楽に治療に臨めるよう、抗がん剤、放射線治療時の副作用の早期発見や症状出現時の苦痛の緩和、また自身のセルフケア支援などに努めています。 外科では主に手術、検査のための入院で、手術前はもちろん、術後の不安軽減に務め、常に患者さんに寄り添う看護を実践しています。 プライマリーナースを中心に医師、薬剤師、理学療法士など、多職種と連携し定期的にカンファレンスを実施し、情報共有を行い、チームで患者さんの治療が安全、安楽に行えるよう個別性を大切にしています。また、年2回行事を企画し患者・家族の方に楽しんでいただけるように頑張っています

カンファレンス風景

ページの先頭へ

2病棟紹介

2病棟は重症心身障害センターです。主な疾患は脳性麻痺、精神発達遅滞等で、食事・清潔・排泄・移動など日常生活援助が中心です。人工呼吸器装着、気管切開、胃瘻など医療依存の高い患者のケアも行っており、看護師の知識や鋭い観察力が大切です。新病棟に移転し快適な環境の中、患者さんの安全・安楽を最優先し、看護師、療養介助員、保育士、指導員、PT、OT、STなど多職種が協力しお互いの専門性を発揮しています。そして、患者さんの満面の笑顔から職員も元気と活力を頂いています。
 患者さんのQOL向上をめざし、季節に合わせた催し物なども計画され、ご家族の方々にも参加していただいています。勤務体制は、夜勤も個々のライフスタイルに合わせ2交替、3交替を選択することができます。育児時間を取り子育てと仕事を両立させている職員も多く、アットホームで働きやすい職場です。

1病棟紹介

1病棟は重症心身障害センターです。主な疾患は脳性麻痺・てんかん・精神発達遅滞で、10代~60代までの幅広い年齢層の患者さんが入院しています。重度の知的障害と重度の肢体不自由が重複している患者さんは、自ら苦痛や不安を訴えることができないため、看護師はきめ細かな観察を行い、異常の早期発見に務めています。食事・清潔・排泄等の日常生活援助が中心ですが、人工呼吸器管理、てんかん発作時の対応、経管栄養、薬物療法、関節拘縮予防、摂食機能訓練など幅広い知識が必要となります。また、危険を回避した行動がとれないため、環境を整え、安全で安楽な入院生活が送れるように援助を行っています。療育活動では、患者さんが笑顔で楽しめる活動を行っています。患者さんを取り巻く医師、看護師、療養介護専門員、児童指導員、保育士、PT、OT、STなどの多職種が連携を図り患者さんが安全で快適な生活を送れるように援助しています。

ページの先頭へ

外来

外来当院は一般外来、専門外来のほか、在宅呼吸療法外来、睡眠時無呼吸外来、難病リハビリテーションや物忘れ外来、てんかん外来などそれぞれの症状にあわせた外来を行っています。また化学療法も外来で行い、家庭生活が治療後に継続できるよう援助しています。
 外来看護は、短時間の対応で患者さんに適切に対応する能力が求められ、総合的に判断する知識とコミュケーション力が必要です。
 0歳から高齢の方まで不安を抱える患者さんや障害を持った方に、短い時間の中で的確な情報収集を行い、治療に結び付けられるよう対応を心がけています。
  慢性疾患の患者さんが多いため、ちょっとした言葉かけが日常生活の維持と改善に繋がってきます。
全員が笑顔と気配りで、患者さんに安心して受診していただけるよう努めています。

ページの先頭へ

手術室

当院の手術室では、年間500件を超える手術を実施しています。主に脳神経外科・呼吸器外科・整形外科の手術をしています。手術室スタッフは、麻酔科医師1名、看護師6名、臨床工学技士2名、業務技術員1名です。近年、高齢の患者さんが増加し合併症等、手術前後のケア・管理が重要な患者さんが多くなっています。また、海外からの患者さんも受け入れています。私たちは、手術室スタッフとして全ての患者さんに安心な環境を整え、チームワークを大切にし、手術を円滑に且つ安全・安楽に行えるように努めています。現在、手術患者さんへの術前・術後訪問にも力を入れています。術前訪問では、手術当日の緊張を和らげ、患者さん個々に合った看護を提供できるように、術後訪問では、患者さんとともに手術室看護の評価を行っています。

主な手術

脳神経外科

  • 視床下部過誤腫:定位温熱凝固術
  • てんかん:焦点切除術
  • パーキンソン病:脳深部刺激電極設置術

呼吸器外科

  • 肺がん(内視鏡手術を含む)
  • 自然気胸(内視鏡手術)

整形外科

  • 人工関節置換術:股関節・膝関節・足関節
  • 骨接合術、関節鏡等

ページの先頭へ

在宅支援室

退院支援看護師として、入院時から関わり、地域の医療機関と連携し、必要な支援をしています。特に、地域の訪問看護ステーション等との連携を図り、医療処置が必要な方でも在宅で安心して療養生活を送ることができるよう、相談に応じながら様々な医療・福祉サービスについて紹介し、地域の皆様と顔の見える関係作りでより良い支援をめざしています。
 また、医療ソーシャルワーカーは社会福祉の立場から、事務職員とともに医療機関とのネットワークにより、施設や病院との医療連携を図っています。

「地域医療連携室」はこちらをご覧ください。

 

医療安全推進室

医療安全イメージ患者さん、ご家族が安全で安心できる療養環境、職員が健康で働くことができる職場環境の提供を目標に活動しています。多職種で構成される医療安全推進担当者と連携を取りながら各職場で手順が遵守されているか院内ラウンドを行い、環境の安全確認と改善に努めています。
 業務の中でヒヤリとした、ハットしたという体験を収集し、職員間で情報の共有を行い、同じ事を繰り返さないよう分析や提案として発信しています。事故防止や医療安全に関する意識向上に繋げることができるよう研修会や勉強会を開催しています。

 

感染管理認定看護師

入院している患者さんは病気だけではなく、薬による治療や手術などにより免疫力が低下しており、易感染状態になっています。  そのような患者さんを感染から守るためにはどうしたら良いのか。また、感染症に罹った患者さんが入院してきた場合は、その感染症を他の患者さんや職員へ拡大させないために、どうすれば良いのかなどの指導を感染対策チームやリンクナースと一緒に行っています。  患者さんには安心して入院生活が送れるように、そして全職員を対象に安全な環境で仕事ができるよう組織横断的に日々、活動しています。

がん性疼痛看護認定看護師


 人は誰でも多くの痛みを体験しています。がん患者さんもがん自体によって起こる痛みやがん以外の原因による痛みなど様々な痛みを抱えて生活しています。患者さんの痛みが少しでも和らぐように、また痛みによって妨げられた日常生活が少しでも元の日常生活に戻れるよう主治医の先生、病棟スタッフとともに考え、看護を行っています。

小児救急看護認定看護師

 小児救急看護認定看護師の役割は、救急外来を訪れる子どもへの看護をはじめとし、家族が安心して子どもを看病できるようにアドバイスをし、子どもの健やかな成長・発達のための支援を行うことです。当院では、急性脳症や脳炎、てんかんや遺伝性疾患などさまざまな神経系疾患をかかえながら、多くの子ども達が療養生活を送っています。子どもの権利を大切にし、検査や処置など苦痛や痛みを伴う場合には、気持ちに寄り添い苦痛が少しでも軽減できるように専門的な知識と技術を用いながら関わっています。
主にてんかんセンター、小児神経センターを中心に活動しています。