機能脳神経外科

機能脳神経外科

診療のご案内

外来診療について

外来受診案内をご覧下さい。

医師紹介

医師紹介のページをご覧ください。

機能脳神経外科とは

脳や神経の機能的異常(主として異常興奮するものや機能的なバランスの障害)による病気を手術により治療することをいいます。 表のような病気にいろいろな手術をおこないます。
意識障害はいろいろな原因によるものがありますが、いわゆる植物状態にならないように、脊髄の慢性電気刺激で脳の働きを刺激する治療です。

対象疾患 治療法
難治てんかん
焦点切除術
脳葉切除術
脳梁離断術
軟膜下皮質多切術
視床下部過誤腫に対する定位的凝固術
迷走神経刺激療法(VNS)
パーキンソン病 定位脳手術
脳深部刺激療法
振戦
  • 本態性振戦
  • 症候性振戦
定位脳手術
脳深部刺激療法
ジストニア ・全身性ジストニア
・痙性斜頸

・書痙

・眼瞼けいれん
脳深部刺激療法
ボツリヌス毒素
反復経頭蓋磁気刺激療法
定位脳手術
脳深部刺激療法
ボツリヌス毒素
脳深部刺激療法
ヘミバリスム 脳深部刺激療法
顔面けいれん
微小血管減圧術
ボツリヌス毒素
三叉神経痛
微小血管減圧術
神経切除術
舌咽神経痛
微小血管減圧術

難治性疼痛

  • 脳卒中後疼痛
  • 脊椎手術後の疼痛
  • 複合性局所疼痛症候群
  • バージャー病
  • 幻肢痛・腕神経叢損傷
  • 帯状疱疹後神経痛
  • その他神経障害性疼痛
脊髄刺激療法
痙性麻痺
(難治性痙縮)
・脊髄損傷
・脳卒中・頭部外傷後

・脳性麻痺
バクロフェン持続髄注療法
バクロフェン持続髄注療法
ボツリヌス毒素
バクロフェン持続髄注療法
ボツリヌス毒素
遷延性意識障害 脊髄刺激療法
脳深部刺激療法
ジストニア型脳性麻痺 定位脳手術